読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

TS808(OD808)+GE10+Picking Form

外は雪ですが、気分は晴れてきたので、マーシャルスタックを鳴らしました。自宅でマーシャルを鳴らすのって、けっこう乗ってこないとやる気にならないんですよね。 騒音レベルにはならないよう注意していますが、スピーカーがドライブするくらいの音量だと少…

人間万時塞翁が馬

昨晩は、天候が悪くあまり気が進まなかったが、食材がないので仕方なく外食に出た。すぐ帰りたかったが、家族の希望でちょっと書店に寄った。その帰り道、みぞれ雨が降って濡れた路面が、急に冷え込んで凍結し、バイパス道路で10台くらいが絡む事故現場に遭…

落ち着かない週末

クラッチの故障はすぐ直ったが、急にいろいろ心配事が増えてしまい、落ち着かない。 こういう時は、ネット検索してもイライラするし、本を読もうとしても頭に入らない。 考えがまとまらないので、ブログ記事も取り止めがなくなる。 出かける気にもならないし…

今日はのんびり過ごしました。

さようなら代車。 こんにちは、代車の代車(笑) フェルナンデスのSSH-1Cですが、指板にたっぷりとレモンオイルを塗ったら、だいぶ感触が良くなりました。そんな安いギターで、ドッケンのザ・ハンターを弾いてみました。

新たなギターの詳細

さてそのギター・・・・これだ! 1999年製造のフェルナンデスのリンゴ飴。SSH-1Cという型番らしいです。カタログに載ってないモデルですが、定価4万円くらいの安物でしょう。ペグとブリッジなど黒いパーツが欲しかったんですが、個別に買うより送料含めても…

不本意ながらお休み

車のクラッチが壊れた。 走行中にペダルを踏んでも戻らなくなり、切れが悪くなってきたのだ。 最後にはまったく切れなくなり、ローギヤに入らず発進もできなくなった。 なんとか自宅前までたどり着いたが、車庫入れは不可能だった。 寒く暗い中、自宅前の路…

新たなギター到着

なんか今、運勢が良くないです。 ヤフオクで嫌な目に合うわ、車のクラッチが壊れるわ・・・ そんな中、一筋の光が射してきました。 最近は斬新な包装があるんですね。これはすごい! 夏に使うビーチクッションみたいな緩衝材の中にギターが入っています。(…

ネガティブ宣言

今日、ヤフオクでのトラブルを書いたら、少し気が晴れた。 今までなるべく書かないようにしてきたけど、今年はもっと日々思ったこと、ネガティブなことも書いてみようと思う。 日々の愚痴ぼやき、不満、怒り、悩み・・・ それで自分の気持ちが楽になれば良い…

Titan pic and Duncan pickup and Graphic EQ and Old Marshall

今日はセンター試験です。こちらの地方では大雪にならず助かりました。 うちの子を含めて受験生の皆様の実力発揮を祈っています。 さて、昨晩、防風雪のなか、寒さに耐えてマーシャルを鳴らしました。(もちろん受験生の邪魔をしないようアッテネーターで音…

ピック

私はいつも、ピックに関してはこれというのが決まらず、その時々で気に入ったのを使っています。 最近の流れ 左上から、1.ステンレス0.3mm(ピックボーイ)2.ナイロン1mm(ジムダンロップ)3.ナイロン0.75mm(ヘルコ)4.ナイロン0.71mm(ジムダンロ…

ZO-3 GL

新年の妄想です。 パープルタイガーなら、サンバーストのZO-3に落書きしてブラックパーツに交換するだけですが、FSTでやっちゃったしな・・・ スカル&ボーンズのリアルレプリカは所有したいとは思わないんですが、こういう洒落なら良いかな。でもこれを作る…

NECK PROFILE(ネック輪郭)

つまりネックの形状ということです。 手元にあるストラトタイプのギターを測定してみました。 ※表ではFATとしましたが、自分のギターの中で太いというだけで、一般には普通の範囲と思います。 ネックの太さを決定する要素は、指板の幅(WIDTH)と厚み(THICK…

Banana head

さて早いもので、もう正月休みもお終いです。 バーニータイガーのネック交換のためにいろいろ調べておりました。 ヤフオクやらネットで出ている値段の安い新品ネックは、中国製がほとんどです。ナット付近のトラスロッド穴や、裏側のヘッド面とグリップの境…

New Year 2017

私の酉のイメージ。(笑) 昨年は個人的に、嫌な事、良くない事も多々ありましたが、結果的にはほぼ片付いて「災い転じて福と成す」となったようです。 そして、いろいろなことに区切りがついた年でありました。 ■リッチー大先生のことロニー・ロメロという素…

謎のタイガーと、Heaven Sentの謎リミックスと、私のタイガー

今年も残すところあと1日。 ネタはあるんですが、落ち着いてまとめる暇がないので、単発ネタで行きます。 さてこの写真、一見パープルタイガーに見えますが・・・ ネックはヘッドが黒のリバースバナナで、よく見るとボディはストラトシェイプです。 1987年10…

2016年末

仕事も終えて、家の片づけやら年賀状作成やらで慌ただしく過ごしています。 ようやく一息ついて、マーシャルも鳴らしたので、あとは新年を迎えるための買い出しに行くのみ。 来年は、これに乗ってスタートです。(暫定レンタル中)

SH-6+Alnico magnet

さて、普通のSH-6の感じが分かったので、改造しました。 家に転がっていた適当なピックアップをばらして抜き出したアルニコです。磁力があまり強くないので、恐らくアルニコ2と思われるのですが、見た目に厚さが違いますね。(左の黒いのがSH-6のフェライト…

Seymour Duncan SHPG-1 or SH-6

試してみました。 最初がSHPG-1(Pearly gates)を載せたカミカゼもどき、後がSH-6(Distortion)を載せたサンバーストタイガーです。 使用機材は、 MAXON OD808(Ibanez TS-808) BOSS GE-10 Marshall 1959('76) CH1 マスターVOLのみ1、それ以外10 Mrashall 1960…

ダンカン ディストーション SH-6b

ロゴが入る前の80〜90年代のものが届きました。 早速付けてみます。 付けました!

BURNY FST-60改、一応完成

https://youtu.be/ykyX6o3ZwAE かなり歪ませましたが、音の分離が良いですね。 ラクガキのタイガーストライプも思ったより良い感じです。 RSTやRLGを処分してますが、こんなのばかり増えてきました。(笑)

BURNY FST-60改、完成間近

さて、黒の3プライピックガードだと、ちょっと古臭い感じだったので、1980年頃のFSTザ・ファンクションみたいに縁を真っ黒に塗りつぶして1プライ風にしてみました。ちょっとだけ新しい感じ。 1VOLだと、ジェイクEリーっぽくもありますね。 ピックアップは…

BURNY FST-60改、仮組

ピックガードが届いたので、早速組んでみました。 まだシャーベルが台頭する以前の70年代末期の香りがプンプン。オッサン趣味が炸裂してます。 まずはハムバッカーが入るようにボディをザグリます。 きれいに仕上げるために、工房持ち込みでルーター加工して…

Mr.J Parmer ジェイ・パーマー氏

カミカゼのネタを準備中なのですが、ちょっと一休み。 相変わらずドッケンがブームなもので、いろいろ調査中ですが、今この人が気になっています。 まずはこれをご覧ください。 Dokken, Its Not Love, Guitar Solo Lesson, George Lynch - Lynch Lycks S3 Ly…

次のギター計画 BURNY FST-60改

このところ、重いメイプルボディのクレーマーを弾いていて、音の立ち上がりや歪ませた時でもはっきりした輪郭のあるトーンが良いと思ってきました。 そこで、これの登場です。 1974年製のフェルナンデス・バーニーFST-60。 普通のストラトが3.5kgくらいなん…

George Lynch's main axe 2. Skull & Bones PART2

記憶が蘇ってきたので調べを進めてみました。 ジョン・フロッグ・ガルシア氏(以下、Jフロッグ)はギタービルダーではなく、映画の特殊メイクが本業で、彼がボディを彫刻して作った骸骨ギターをジョージが気に入りました。ESP製のクレイマーJKのネックを使っ…

George Lynch's main axe 2. Skull & Bones PART1

タイガーに続いては、デザインが気に入って未だに愛用しているJ.FROG(ESP)のスカル&ボーンズです。 ボディは、ジョージの友人(隣人)のジョン・ガルシアという男が4か月かけて製作したそうですが、ガルシア氏は自分の歯を1本抜いて、ボディに埋め込んだとい…

Seymour Duncan JB

寒かったせいもあって肩が痛く、握力が落ちているので、力の要らないリフをVOXブライアンメイで弾いてみました。 新品に近いクレイマー/TB4は粘るような歪みで、10年以上昔のシャーベル/SH4はブライトでエッジのある音に聞こえますね。 マーシャルの時とちょ…

Kramer Varetta Vintage VS  Charvel Model1

こちらは雪~雨の悪天候で家にこもっています。 特段やることはなく、時間があるので、まずFRTのオクターブ調整です。 FRT-5って構造的な問題で、弦の張力がかかった状態ではオクターブ調整がやり難いですよね。面倒なのでアバウトな調整にしていましたが、…

私の中の3大先生(ギタリスト)

いきなりな話で恐縮ですが、あなたはどんなギタリストからギターを学びましたか? 好きなギタリストは多けれど、崇拝してのめりこんだり、多大な影響を受けた先生のような存在は、それほど多くはないですよね。 私の最初のギターの先生は、リッチー・ブラッ…

ジョージ先輩の使用ギターが確認できる写真やビデオ その1

日付はシングルまたはLPレコードの発売日、TVオンエアー日として整理してみました。(以前の記事と重なる部分もありますが、ご勘弁を。) 1982/01/04:BEAT CLUB(TV) DOKKEN - Live Bremen 1982 DOKKEN - Live Bremen 1982 II. 自作・イエロータイガー(フィ…

ジョージ先輩、ESPギターを語る

ギターのボディ材や重さ、フェルナンデスRSTに関する自己満足的な大作記事を書いていたのですが、ちょっとデスクから離れた隙に、猫がノートPCの上に乗って(程よく暖かいからね)キーをデタラメに押されて、ファイルが消失してしまいました。 書き直す気力…

ストラト大処分市開催中

フェルナンデスコレクションを放出です。 でもまだ5本あるんです。 これは氷山の一角。 ナチュラルメイプルと、ホワイトローズにシェクター搭載のリッチー・ブラックモア・モデルが1本づつ、ジェフ・べック・モデルが1本。 さらにボディが1つと、ピックガー…

ジョージ先輩はすごい

他の人が弾いたら、クソつまらないフレーズにしかならないような、音が少ないペンタトニックでも、ジョージが弾くと絶妙なタイム感でカッコ良くなっちゃうから不思議。 これは、リッチー先生の世界に近いな。 ジャスト・ガット・ラッキーのソロというか間奏…

Metallic Blue

メタルパーツをブラックに変更したメタリックブルーのバレッタ。 クールな感じがかなり気に入っています。 そうそう、こんな色合い良く見かけるけど・・・なんだっけ?? あぁ!コレですよ。 黒いホイールを履いたスバルのBRZです。 毎朝通勤ですれ違うんで…

ギターいじりの続き

クレイマーも解体。 ピックアップが1弦側にずれている…というかブリッジが6弦側にずれている。 ダンカンロゴを消して、取り付け位置を修整します。 クロームパーツでシャーベル完成。 フレット磨いて、ナット高さを調整したら、俄然弾きやすくなりました。 …

ギターいじり

シャーベルとクレイマーのパーツを交換します。 その前に、サブマリンのピックアップから「Seymour Duncan」のロゴ消し。 布にコンパウンドを付けてこすれば、すぐ消えます。 シャーベルをバラして、ついでにフレットをピカピカに磨きました。 昼メシを食べ…

ギター収集と家族の反応

思い切り雑談です。 遠い昔の学生時代、一生懸命、ギターやバンドをやっておりました。 有名ギタリストモデルの自作を楽しんで、複数のギターを所持していましたが、卒業と同時に思い出深い2本だけを残して全部処分。 自分の才能の無さは自覚していたので、…

Kramer vs Charvel

付いているパーツはほぼ同じ。 キャラが被る2本です。 クレイマーをブラックパーツに、シャーベルをクロームに入れ替えても良さそうです。 クレイマーのナットを低くしたら、俄然弾きやすくなりました。 シンクロの黒いシャーベルは、ジョージも使ってました…

Kramer Baretta Vintage

クレイマーを調べていたのはこういうワケでした。 なんだか、FRTのギターが急増(笑) (続き) ネット通販で楽器店の中古品(たぶん店頭の展示品)を格安で購入しました。 韓国製でギブソン傘下ということで予想通りエピフォンなんですね。 箱を開けると、KRA…

LAメタルの真実

LAメタルとは、モトリークルーのブレイクから始まった、1980年代に栄枯盛衰した音楽の一種です。その呼称は日本独自のカテゴライズであり、米国では(後付け)でヘアメタル、とかグラムメタルと呼ばれています。 こちらに分かりやすくかつ詳しく解説がありま…

Kramer Varetta

オリジナルバレッタ(米国製)は、先に書いたように1983年から頻繁に仕様変更を繰り返しながら、1991年頃まで製造されていたようです。ソロイストボディのバレッタ2、バレッタ3などバリエーションを増やした後に、90年代は韓国製になったようです。 84年は…

George Lynch's sub axe 2. Kramer Baretta

今回は、ジョージが一時入れ込んでいたクレイマーの話です。 エディやミック・マーズの影響なのでしょうが、ジョージは1985年になった頃からクレイマーを使い始めました。その理由として「シャーベルはオーダーメイドなので、良い時は抜群なんだけど、結構ば…

今日はギターいじりです

サブマリンのヘッドの塗装をやり直します。 CHARVELロゴへの改変作業のせいで、光に当ててよく見ると、その周りはボコボコのひどい塗装です。 ネックを外して、パーツも外して、平面の出ている当て木を使ってサンドペーパーで慎重に余分な塗装を削り取ってゆ…

George Lynch's sub axe 1. Submrine PART2

先日、ヤフオクでサブマリンのコピーモデルを手に入れました。 数年前にこれのベースになったフェルナンデスを3万円ほどで発見し、買う寸前まで行ったのですが、パーツをクロームに変更したり塗装に手間がかかることを考慮して、思いとどまりました。 しばら…

George Lynch's sub axe 1. Submrine PART1(2016.11.21改訂追記)

タイガーの次は、私が30年越しでコピーモデルを手に入れたサブマリンの話をやっつけておきましょうか。 サブマリンは、シャーベルのエンドースメントによる最後のギターとして1984-85年頃に製作されたギターで、1985-86年のトゥース・アンド・ネイル・ツアー…

George Lynch's main axe 1. Tiger PART3(2016.11.21追記)

ESPとエンドースするようになって、フェンダーヘッドのメイプルネックを新調し、同時にトレモロをシンクロに戻します。製作からまだ10年も経たないのに、もうクラックがバリバリのボロボロな塗装になってしまっていますね。ツアーやステージでの激しい環境変…

調子のよくない週末

今日は朝からギターを弾いていたが、50を過ぎると体のあちこちが痛いのだ。 最近、なんだか両方の肩が痛い。四十肩というものなのか? 1月頃から痛んでいた左手人差し指の腱鞘炎はほぼ回復したが、左の背中から肘辺りまでが痛む上腕神経痛が未だ治らない。一…

Just Got Lucky

今ブームになっているドッケンのジャスト・ガット・ラッキーですが、ジョージがトランジスタのランドールで録音したことを踏まえて、トランジスタのVOXブライアンメイアンプで再現してみました。 メインリフ、クリーンなコード、リードと3パート録音してミキ…

そうだ!

ジョージがトランジスタのランドールなら、私にはVOX VBM-1(ブライアンメイスペシャルアンプ)があったじゃないか! さてさて、挑戦してみますか。

George Lynch Sound~Just Got Lucky(2016.11.19改訂)

今日は、ちょっと凝ってみました。 ピックアップはダンカンのパーリーゲイツ、マクソンのOD-808、BOSS GE-10でミッドブースト、76年のマーシャルスーパーリードに74年のクリームバックキャビネットです。 先日のOD-1(SD-1改)との比較時点では、OD-808のみ…