Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

安くて良いギター

先日アメーバブログにて、ちょっと戯言を書きました。(あれはさる不愉快なブロガーに対する当てつけだったので、嫌味な表現になってしまいましたが、あえてそういう意図があったワケです。) その中で、本当に良いものは相当の値段になる・・ようなことを書い…

KAMIKAZE 復活

今日は会社が休みだったので、早朝から復活したカミカゼをいじってました。 面倒臭いFRTのオクターブ調整をして、写真を撮って、弾いて、動画を撮って…ブログに戯言を書いて(笑) とても充実した時間を過ごして仕事のストレスもスッキリ。 ボディとの色違い…

ネックを組みました

塗装が乾いたので、磨いて組みました。よく見れば色が違うけど、もうこれで良いです。(笑) ESPのスタンプロゴも描いてみました。 完成までもう一息です。

FURMAN電源の音(冗談)

さて、肝心の音ですよ。 まずは普通に壁のコンセントから電源を取った場合。 Vox VBM-1 and EVM12 part1 これはこれで、ウォームなミッドレンジがイイ感じです。 次にファーマンを通した場合。 VOX VBM-1 and EVM12 part2 どうです。音がはっきりしたでしょ…

FURMAN PL-PLUS J パワーコンディショナー

90年代にプロミュージシャンがこぞってラックに常備していたのを見ていて、前から興味を持っていた機材です。ヤフオクで見かけて冷やかし入札していたら、そのまま安く落としてしまいました。新品定価で4.5万円ほどのところ、送料込みで7千円ほどとお買い得…

吹付け完了

クリアーの後サンディングして、スモークを吹いてみました。・・・が、軽く吹いたのに濃くなりすぎて失敗。乾燥させた後、サンディングでスモーク層を削り落としてやり直しです。 色の境の段差はほぼ無くなり、ウレタンニスを2回吹きました。説明書によると…

George Lynch The Lost Anthology

今さらながら手に入れました。2005年発売のジョージ先輩40年の歴史の裏側を収録した2枚組CDです。 ディスク1は初レコーディング、ザ・ボーイズ、エキサイター、ドッケンまで、ディスク2はリンチモブ、ストーンハウス、トリビュート関連を収録しています。…

クリアー終了

先週末に、さらにクリアーを2回重ねて、ほぼ段差はなくなりました。色の境目の筋はちょっと残りますね。 4日ほど乾かしたら、さらに塗膜が引けてきて、かなりフラットになりましたよ。 ESP kamikaze headstock repaint もう一度サンディングして均してから、…

ウォーレン・デマルティーニに挑戦

塗装を乾かしているので、ギターを弾きます。 久しぶりの出番。どちらもダンカンのパーリーゲイツです。左のカミカゼもどき「美穂」は、安いアウトレットパーツを集めて自分で塗装、組み立てを行った、ミディアムスケールのちょっと変わったギターです。 ど…

クリアー塗装3層目

過去を思い出している間にクリアーを吹き重ねていました。 しかし、クリアーを吹く前はいい感じだったのに、色が鮮やかになり過ぎてしまいました。 こちらはクリアー1層目。 左:クリアーなし、右:クリアー2層目 色の境目の段差をペーパーで均してクリアー3…

過去の作品

私が塗装に関わるようになったのは、40余年前、小学生時代に遡ります。 幼稚園の頃からプラモデル製作を始めて、小学生になった頃にはすでに筆塗で塗装を始めていました。当時はラッカー系のレベルカラーとエナメル系のパクトラタミヤが主流でしたね。 小学4…

カミカゼのヘッド色塗り完了

昨日は黒まで吹いて、あと一週間ぐらいかかるかなと思いましたが、今日も天気が良いので塗料の乾きも早いことでしょう。一気に進めることにします。 まずは、朝一にカシスピンク(バーガンディ)を吹き、マスキングを剥がし終わったところ。 ソフト99のエアー…

カミカゼのヘッドを塗装中です

サーフェイサーが乾いたのでサンディングしたところ、ヘッドの先端と1弦のペグ穴付近に、ガスの泡による巣が出てきました。見えるかな?もう一度サーフェイサーを吹いて2日乾かし、またサンディング。 最初は#400の空研ぎペーパーでできるだけサーフェイサー…

天気は良いが、気分は悪い

しばらく前に書いた未公開記事だが、思い出したら我慢ならなくなったので、あえてブログに残す。 アメーバブログで知り合った、過去に楽器製作を生業としていたという輩にギターの塗装を依頼したのだが、表面はブツブツで、塗装が乾ききっていない状態で納品…

古いマーシャルのねじ

久しぶりに(笑)マーシャルの話です。 マーシャルは80年代初めに、JMPからJCMにシリーズ展開して、デザインなどが大きく変わりました。その中でまったく互換性のない変更の一つが、キャビネットのスピーカーを留めているねじです。複数のキャビネットを所有し…

Flying in a blue dream

ジョー・サトリアーニの名曲ですね。 これを聴きながら夕暮れ~夜のドライブなんて気分が良いのです。 VOX VBM-1の歪みっぷり+エレクトロボイスEVM-12Lの音がサトリアーニっぽかったので、録音してみました。雰囲気だけは自信作。 そこから先は、弾けない(…

着々と塗装を進めています

ホムセンで自動車補修用のソフト99タッチアップペイントを買ってきました。 これを、エアータッチというアタッチメントに取り付けるとスプレーになるんです。 通常の缶スプレーでは大量に余ってしまうので、今回のように小面積の塗装にぴったり。 試行錯誤の…

キレイな夕焼けでした

良いことあるかな?(笑)

塗装始めました

冷やし中華始めました・・みたいな(笑) ご無沙汰しておりました。4月終盤からいろいろ忙しく、ブログをまとめる気が起きず、ツイッターでつぶやいてました。中身の薄い小さいオッサンですので、簡潔なツイッターが使いやすいですね。 それはさておき、連休明…

Journy - Neal Schon

Stone in Loveってどんな曲だったかいな?と検索したらこんなの出てきました。 Journey - Stone in Love バカですねー(笑) こいつら、他にもバカ動画アップしているんで、ヒマだったら見てやってください。 Separate Waysで、こんなのあったナーと検索したら…

Schecter F500 and Fernandes その2

オジサンにはおなじみ、ジェフ・ベックがスタンリー・クラークと活動していた1977~1979年頃のみ使用して、一世を風靡した「ジェフベックモデル」です。(意外と写真が少ないですね。) ラウンドローズ指板と回路が本物とは異なるのですが、あえてレプリカにす…

Schecter F500 and Fernandes

仕事がひと段落したので、今日は会社はお休み。 カミカゼのヘッドクラックのことはちょっと忘れて、スタッドレスタイヤを履き替えました。GT-Rが軽自動車になってだいぶ楽になりましたが、2台交換するのはけっこう大変です。ワタナベなザッツは格好良いナー…

衝撃の事実

さて、スクレイパーで大雑把に塗装を剥がした後、残ったシーラーの除去と木地を整えるために、サンドペーパーをかけます。手指でペーパーを押さえて削ると、かなり凹凸が生じてしまうので、サンディングパッドを使用して、きれいに平面を出してやります。今…

塗装を剥がす

さて外したネックからパーツをすべて外します。 じっくり見ると、クラック部分の塗装が剥がれかけてペラペラしていました。下地との密着が弱いのでしょう。割れ目とロックナット部分の2か所から、塗装膜の隙間にスクレイパーの刃先を差し込んで、剥がしてゆ…

Franken Kamikaze

福井の丸岡城に見ごろを過ぎた桜に行って、おろし蕎麦やソースかつ丼や桜ソフトクリームを食べてきました。 フレット仕上げたネックは、テンションバーの位置を直して、パーツを組み暫定的にカミカゼに移植します。 まずカミカゼを分解。ボディのネック取り…

フレットのすり合わせ作業

さて外したバナナ。 ペグやロックナットなどの部品を外して、高さのすり合わせ(レベリング)です。 この作業は、長年の使用で特定のフレットが凹んでしまったり、頂点が平らになってしまった時の修正のために行いますが、私の場合は、15フレット以降で起き…

FST改フランケンタイガーのネック交換

今日は重い腰を上げて、フランケンタイガーにフィットしなかったバナナネックの修正をすることにしました。 バナナを外して、どのネックにしようか思案の結果、元に戻すことに。 ついでにペグを、スパーゼルから秘蔵の70年代の「西」ドイツ製のシャーラーL6…

色々

私のカミカゼ。 恐らくトップのクリアーが若干黄色く焼けていると思われ、青が緑っぽく見える状態です。 さて、素人が微妙な色合いのメタリックカラーを手に入れるには、自動車用のアクリルペイントが手軽です。ホムセンで現地調査をしてきました。 自動車の…

カミカゼの塗装レストア計画

ヘッドの塗装が黒一色に塗り替えられ、さらに塗装にひびが入っている私のカミカゼ。 暖かくなってひびが目立ってきたので、マッチング塗装にやり直したくなってきました。 とりあえずフォトショップで完成予想図を作成。 ホームセンターに、自動車用のメタリ…

ジョージ先輩の最新インタビュー

allthatshreds.com ファン必読のインタビューです。日本の雑誌だと、機材やバンドなど断片的な話が多いですが、まるでジョージ先輩と対話をしているかのような錯覚を覚えるような素晴らしい内容です。オンライン辞書などを活用して読んでみてください。 主な…