Masahall Full Stack

マーシャルアンプとリッチー・ブラックモアとジョージ・リンチが大好きなマサハルのブログです。時々こっそりと過去記事を改訂しています。(笑)

LAメタルの真実~ライトハンド奏法の真実

さてセンター試験の頃って必ず雪が降る当地ですが、今年はかなりひどいですね。うちの近所でも50cmは積もりました。除雪で疲れたせいもありますが、あまりに寒いのでギターを弾く気も、アンプをいじる気も起きません。 なので暖房の効いた部屋でゴロゴロと読…

VAN HALEN 1979 ※訂正2018.1.7 ※さらに追記

※ED_hunterさんのご指摘により再考します。 さて正月休みも終盤ですが、アンプを置いている部屋が寒くて寒くて。リビングにはアンプ持ち込み禁止なので、マーシャルをいじる気が起きません。 読書でもしようかと思い「LAメタルの真実」を購入しようと書店に…

スライダック その2

破損品を修理して動作OKとなったので、早速テストです。 テスターをつないでノブを回すと、ちゃんと電圧が変化します。(当たり前ですがw)リビングのコンセント電圧をテスターで測定したところ、きっちり100Vありました。ノブが0Vで実測6V、最大に回した位…

スライダック

年末年始は慌ただしく過ごしたので、新年4日よりぼちぼち稼働です。今年もよろしくお願いします。 さて、年末に出物を見つけてスライダック(今後この表記で統一します)を安く手に入れました。容量が5Aなので、お試しですね。 新品未使用だが古いという訳…

RUNNIN' WITH THE DEVIL / EVH's BROWN SOUND

いよいよ年末ですね。諸々の用事を終えて趣味に没頭したいところです。 さて面白いマニアックなブログに出会いまして、ちょっと影響を受けてしまいました。 ed-hunter.hatenablog.com 神をも恐れぬような所業かと思いますが、私もついに禁断のEVHについて記…

ギターアンプの電源電圧考 ※追記

真空管アンプを理想的な状態で鳴らすには、電源の電圧とパワー管に合わせたバイアス電流の設定が重要です。 真空管のヒーター電圧は通常6.3Vで設計されています。マーシャルの電源トランスの電圧設定は110V~230Vまでありますが、日本の商用電圧に近い110Vの…

Groove Tubes EL34M その2

グルーブチューブ、小さな音量でも凄いです。 十分暖機運転した後、我慢できずついにマスターVOLを10にして鳴らしてみたところ、今までで最高の音が出ました。 前半は生音、後半はエコー処理した音です。イヤフォンかヘッドフォンで少々大き目の音で聴くと…

Groove Tubes EL34M

やっと目先の面倒な仕事を終えまして、心安らかに年末年始を迎えることができます。 個人的にはマーシャル三昧で過ごす所存であります。 1.'76Super Leadのリフレッシュ2.'74のメンテナンス3.SPLのオールド改造4.JCM800Super Bassのメンテナンス 本…

プレキシがやって来た その2実奏編

まずは、ベッドルームの74年スタックのキャビ2個につないで、8オームで鳴らします。(電源は昇圧117V) もの凄い要塞感。(笑) 最初に、フルボリュームでアッテネーターで音量を下げた時の音です。(演奏は相変わらずクソなので放っておいてくださいw)オ…

プレキシがやって来た その1

私的Deep Purple第3期の集大成ギターを手放し、入れ替わりに新たなマーシャルがやってきました。 JCM900→JCM800→JMP1959'76年→74年と順に古いマーシャルを手に入れてきましたが、ついにプレキシです。 自分で張り替えたバスケットウィーヴ(ソルト&ペッパー…

Rainbow live tour in Japan 1976-1984

昨日は久々にけっこうな雪が降りました。私はFFの軽自動車に乗っていますが、トレッド幅が狭いため普通車の轍の幅に合わず、非常に走りにくいですね。前輪が轍に乗り上げる度に空転し、ハンドルを取られて蛇行するのです。さらに狭い道だと轍が3本なので、す…

FENDER STRATOCASTR MOD RB74NM-CJ

年末まで半月、さらに業務のヤマが残っている状況で行うものどうかと思いますが、昨晩は温泉一泊の忘年会。今日は朝帰りしてギターを組み直しました。 元々この仕様だったものを、一時期アルダーの黒いボディに変更していたのですが、突然、「カリフォルニア…

密航者はジャガイモの皮剥きをさせられる

今週は寒波らしい。タイヤはスタッドレスに履き替えてあるので雪でも大丈夫。だが寒い。 今日は失敗した。袖口の開いたハイネックのシャツに、やはり袖口が開いたコートをチョイスしてしまった。体は暖かいのだが、空いた袖口から冷気が入ってとても辛い。 …

フルスタック万歳

ここのところすっかり冬の天候です。先日は、朝起きたら雪が積もっていて、慌ててスタッドレスタイヤに交換して出勤したら、雪がひどいのは何故か家の周りだけということもありました。 Garret Audioに注文したマーシャルの修理、改造パーツが届きましたが、…

マーシャル+OD-1

今日は76年のマーシャルにBOSS SD-1改OD-1をかませてみました。 80年代に倣ってドライブmin、レベルmaxのブースター的セッティングですが、耳障りなトレブルとこもるベースをカット、結果的にミッド~トレブルが持ち上げるイコライジングのため切れ味の良い…

76年のマーシャルを直しました

カスケードをノーマルに戻したので、両CHやリンクトップなど試しつつ弾いていたところ、突然CH2の音が出なくなりました。 このアンプはセカンドオーナー以降でずさんな素人改造が施されているので、そんなトラブルが多いんです。 中を開けて怪しげなところを…

1976年のマーシャルをいじっています

寒くなるとアンプモードに移行します。 先週から本を読み、ネットで回路や内部写真を検索して68年頃のプレキシ末期や70年代初期のJMPについて情報を集めていました。中を開けてじっくり調べてみると、どうやら私の76年のマーシャルは、抵抗やコンデンサの一…

マーシャルのパワー管の違い その2

いろいろと疲れているので、休日がうれしいです。会社に行かないと心が休まりますね。(笑) さて今日は裏の家の新築工事がうるさかったので、久々にちょっと大きな音でマーシャル直結で鳴らしました。最近はGLセットでペダルやラックを通した豪華版サウンドば…

今週の活動報告

いろいろ面倒なことが多かったので、久々のブログ更新です。 さて、まずは恒例のネック交換から。今回はこれらを入れ替えようと思いました。 しかし、クレイマーはねじピッチが違うので見送り。2本で入れ替えました。 GL的ギター集合の図。 自分で神風ぽい塗…

AUTOGRAPH もう一人のリンチ

さて、ギタリストにスティーヴって人、けっこういますよね。ウインウッド、ハウ、ハケット、ルカサー、クラーク、マン、モーズ、ヴァイ、スティーヴンス・・(そのくらいか・・) そして80年代から私を虜にしているジョージ・リンチ先輩と同じ苗字のギタリス…

lexicon pcm41

続いてはレキシコンのダブリングです。過去にTASCAMのiM2という安いステレオマイクを使っていたのですが、iPhoneのiOSがアップデートされてコネクタで認識されなくなったので、最近iPhone内臓のマイクで録音しておりましたが・・・ステレオ録音はできない、…

マーシャルのパワー管の違い(年式による個体差)

3連休でしたが、我が家ではエアコン、洗濯機と高額な家電が相次いで故障し出費が大きいので、遠出もせず地味に過ごしました。新たなギター機材を入手するのも憚られる状況のため、2台のマーシャルで遊んでいました。 今回は年式及びパワー管の異なる2台のマ…

Marshallの低電圧動作の実験※追記2017.12.31

エドワード・バンヘイレンは、ファーストアルバムでアンプの電圧を下げていた・・この噂を検証してみました。 米国の定格電源電圧は110-120Vと幅がありますが、一般的には117Vのようです。古いマーシャルでは、米国と欧州各国で使えるように、110V、120V、20…

Kramer baretta Special

カミカゼを購入する際に、クレイマーのバレッタヴィンテージ(以下V)を手放しました。中古で4万で買って、FRTなどメタルパーツをブラックに変更して使っていましたが、2万円で下取り。ちょっと後悔しています。Vは韓国製ですが、新品で6万ほどで購入できる…

Ritchie Blackmore 情報追加

ネットで情報収集したので、「最初で最後」は撤回して、リッチー大先生のネタを追加します。 http://www.woodytone.com/2009/04/20/ritchie-blackmores-tone-and-more-part-1/ 英文の過去インタビュー集です。私なりの拙い解釈ですが、気になった点をまとめ…

Ritchie Blackmore sound

先の記事の補完として、私がたどり着いた機材についてまとめておきます。 まずはギターについて。ベースとなったのは、フェルナンデスのリバイバル期のストラトモデルで、マイクロティルト機構が簡略化された廉価版のLIMITED EDITION。以下の改造を施してい…

Ritchie Blackmore

ここでリッチー大先生について書くのは最初で最後でしょう。私が初めてBURNを聴いた1975年から40年余年、インターネットの普及により本格的に研究を始めた2002年から既に15年が経過しました。 様々な資料を集めて試行錯誤を繰り返し、現状で手に入る機材で納…

Charvel Pro-mod So-cal

80年代にロック=ギターに熱中した人にとって、CHARVELは憧れのブランドの一つでした。 78年頃:エドワード・ヴァンヘイレンの白黒フランケンとバンブルビー、80年頃:ゲイリー・ムーアの2Hストラトで台頭し始め、82年頃からジョージ・リンチを始めとするLA…

80s George Lynch's rig

BOSSのGE-7、ロックトロンのHUSHも手に入れて、当時のジョージ先輩の主要機材が揃いました。 ・・が、適切なケーブルが足りず鳴らすことができない状態だったので、寸法を測ったり熟慮の末、パッチケーブル6本をオーダー。 ベルデンの8412とクラシックプロの…

Rocktron Hush 2cx

これ凄いです。ジジー、ザーーーーーというノイズが激減します。 詳しくは後日。(早くフルスタックx2で鳴らしてみたい!…3Uラックケースも買わなくちゃ) Rocktron Hush 2CX