Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

ウォーレン・デマルティーニに挑戦

塗装を乾かしているので、ギターを弾きます。

f:id:masahall:20161114000519j:plain

久しぶりの出番。どちらもダンカンのパーリーゲイツです。左のカミカゼもどき「美穂」は、安いアウトレットパーツを集めて自分で塗装、組み立てを行った、ミディアムスケールのちょっと変わったギターです。

どうということのないセン単板のディンキーサイズの小さく軽いボディで、ネックジョイントの隙間にアイスキャンディーのバーを詰めた、いい加減な構造の割に、音が良いのです。これはメイプルワンピースネックが良いのでしょうね。そしてパーリーゲイツとのマッチング。

 

クリアーで音の立ち上がりが良い、カミカゼやFSTフランケンタイガーとは違う、ちょっと粘るようなトーンが気に入っています。

 

材料費は3万円くらいしかかかっていませんが、けっこう気に入っています。

BOSS SD-1改(OD-1回路)で、20年前のマーシャルのMG10というミニアンプの音をアイフォン6で録音して、パソコンでエコーをかけました。

世の中には、未だピッキング至上主義に凝り固まった方もいるようですが、このフレーズのように、ハマリングオン、ㇷ゚リングオフ、スライドで滑らかに音をつなぐのもまた技ですよ。故アラン・ホールズワース氏辺りが元なんでしょうかね。

いずれにしても、しっかりはっきり音を出すのが大事だと思います。・・・と偉そうに言う資格は私にはありません。日頃の鍛錬不足のため最後の方はヘロヘロになっちゃってダメダメですね。でもウォーレンの雰囲気は出せたから良しとしよう。

ちょっとでも良くできたと思ったら、心にもない謙遜はせず、自分を褒めて伸ばす作戦。(笑)