Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

AUTOGRAPH もう一人のリンチ

さて、ギタリストにスティーヴって人、けっこういますよね。ウインウッド、ハウ、ハケット、ルカサー、クラーク、マン、モーズ、ヴァイ、スティーヴンス・・(そのくらいか・・)

そして80年代から私を虜にしているジョージ・リンチ先輩と同じ苗字のギタリスト。

それがスティーヴ・リンチです。

彼が在籍したのがオートグラフ・・と言っても30年前のLAメタルの泡沫みたいなグループですから、今となっては知っている人はほとんどいないだろうなぁ・・・

先の曲でビビっと来た人、まずはこれを見てくださいな。流麗なメロディながら、実はこんな事してるんですよ!


Steve Lynch from Autograph - That's The Stuff - Guitar Solo

複数指によるタッピングは、意外とメロディアスに活用しています。

ちなみに1987年当時のメインギターは、黒にピンク?の稲妻模様のジャクソン。軽いポプラ材のボディにメイプルネック、エボニー指板です。PUはジャクソンのJ-50でアクティブのプリアンプがサウンドのポイントでしょう。アンプはトランジスタのクレイトを使用。それ以前はシャーベルブランドでEMGを搭載した稲妻ギターでした。

異色のケーラー使いのスティーヴ・リンチ奏法に興味のある方には、YouTubeのLynchLicksがお勧めです。

www.youtube.com

 

最後に3枚のアルバムから代表曲を貼っておきます。

ちょっと地味ながらもポップでハードな初ヒット曲。私はこれでファンになりました。


Autograph - Turn up the Radio

 

スケールアップした2ndアルバムのタイトル曲。ドラムの人のキャラクターが好きだなぁ。


autograph - that's the stuff

 

捨て曲なし、完成の域に達した傑作3rdアルバムのタイトル曲。モトリーのヴィンスとオジーも女たちを侍らせてゲスト出演。


Autograph - Loud And Clear

 

ヴァンヘイレンともボンジョヴィとも違うポップな感覚が好きです。30年前はこういうケバい女性がいっぱい居たなぁ。でも今や50~60なのね。


autograph - dance all night

 

曲も演奏もギターも良いバンドだと思うんですが、売れなかったのはやっぱりアレですかね?なんだか地味というか華が無いんですよ。

ヴァンヘイレンやボンジョヴィのようなヴォーカルの華々しい存在感、ラットのようなあか抜けたカッコ良さ、ドッケンのようなカリスマ的かつマニアックな雰囲気、モトリークルーのような下品な毒々しさ(ヴォーカルは違う意味で毒々しい感じです)・・そういうのが足りなかったのかな。あの時代ヴィジュアル的なものが要求されてましたからね。

もし気に入った人は、YouTubeでフルアルバムでも動画でもいろいろ検索してみてください。

うーん、黒シャーベルは元のコンコルドネックに戻して、稲妻模様を入れちゃおうかな?(笑)

f:id:masahall:20171106230352j:plain

lexicon pcm41

続いてはレキシコンのダブリングです。
過去にTASCAMのiM2という安いステレオマイクを使っていたのですが、iPhoneiOSがアップデートされてコネクタで認識されなくなったので、最近iPhone内臓のマイクで録音しておりましたが・・・
ステレオ録音はできない、オートリミッターで音量が不自然になる、録音レンジが狭くハイとローが弱くなる・・・つまりリアルな音が録音ができないわけですね。特に2台のマーシャルのダブリングは全然臨場感が無くダメでした。

しかし、我が家の旧式のiPad2ドックコネクターで使えることに気づいたので、早速録音です。

f:id:masahall:20171105221451j:image

ちなみに録音のアプリとしては、次の2つがお勧めです。(どちらも内臓マイクでモノラル録音も可能です)

*ZOOM Handy Recorder
バーブなどエフェクトが充実していて、音声ファイルをSoundclowdなどにアップロードできます。(ただし動画には変換不可)

f:id:masahall:20171105221542p:image

 

SHURE MOTIV
操作が簡単で直感的に使えます。音源に静止画を付加して動画に変換できるので、そのままyoutubeにアップロード可能です。

f:id:masahall:20171105221644j:image


さて、iPadにiM2を取り付けてMOTIVで録音し写真を貼って、動画変換したのがこちら。そこそこリアルに録音しながらもやはり安物マイクの悲しさで、大きな音を録るとトレブル領域に微妙にファズっぽい歪が発生してしまいますね。また左右の分離が良くないので、ステレオ感が弱いのも弱点かな。


lexicon pcm41 doubling ‘74&’76 Marshall

 

こちらはその音声をPCの編集ソフトでエコーをかけたもの。やっぱりエコー入るとイイですね。

さてさて私のうろ覚え演奏のせいで「なんだよこの曲!?」ってなると困るので、お時間があれば本物を聴いてみてください。
80年代のLAメタル時代の佳曲です。


Autograph - That's the Stuff

興味の湧いた方、暫し待たれよ。次はオートグラフについて書きます。

マーシャルのパワー管の違い(年式による個体差)

3連休でしたが、我が家ではエアコン、洗濯機と高額な家電が相次いで故障し出費が大きいので、遠出もせず地味に過ごしました。新たなギター機材を入手するのも憚られる状況のため、2台のマーシャルで遊んでいました。

今回は年式及びパワー管の異なる2台のマーシャルとレキシコンのダブリングサウンドです。

まずは年式(個体差)によるトーンの違い。
できるだけ同じような歪、トーンになるように調整しましたが、6550管の74年はトレブリーでエッジの効いたドンシャリ気味の音です。
EL34の76年は、ちょっとプレキシっぽい?ファズのような歪でミッド集中した円やかなマイルドなトーンです。
スピーカーは、74年に77年のG12M-25ブラックバック、76年に74年のG12M-25クリームバックの組み合わせですが、ブラックバックはやや硬め、古いクリームバックはくたびれているのかエッジ感が弱い気がします。逆にしたらトーンが近づくかもしれないですね。今度試してみよう。76年の方がバックフォージアタックっぽい気がします。

ギターは、ブラックタイガーFST(ピックアップはダンカンのスクリーミングデーモン)です。
BOSS GE-7でミッドブースト(一番右のレベルはゼロ)、マクソンのOD808で弱い歪を付加、レキシコンのプリアンプだけ通して(ディレイはゼロ)、ロックトロンのハッシュでノイズを抑えてからマーシャルにインプットしています。

 

ちなみにリズムガイド無し(自分のフリーなリズム)で別々に録音したトラックを左右でミックスしたところ、ダビングしたような仕上がりになりました。(モノラルで聴くとズレが気持ち悪いですが、ステレオで聴くとまぁまぁw)
人間のタイム感って結構すごいな。左が74、右が76年になります。

74年はスムーズレヴァント、76年(75年以降)はエレファントグレインとカバリング(表皮のヴィニールレザー)が違います。私の74年はPOTやジャックの配置の中心線がやや上にずれていますね。(76年はほぼ中央)

気になっていろいろ写真を見てみましたが、特に年式による違いはなく、単なるバラツキのようです。マーシャルにはこういうことが良くあるようですね。

 

 

Marshallの低電圧動作の実験・・VANHALEN

エドワード・バンヘイレンは、ファーストアルバムでアンプの電圧を下げていた・・この噂を検証してみました。

米国の定格電源電圧は110-120Vと幅がありますが、一般的には117Vのようです。古いマーシャルでは、米国と欧州各国で使えるように、110V、120V、200-210V、220-230V、240-250Vの設定から電圧を選択するようになっています。
f:id:masahall:20171029000128j:image

ちなみにエディは60-90Vで使用していたそうです。こちらに詳しい記事がありますので参照ください。
https://gear-otaku.blogspot.jp/2016/08/eddie-van-halen-evh-gear-5150.html

今回私は、エディの間違いと同じく200-210の設定で117V電源につないでみました。換算すると定格の60%弱、およそ57Vの電源電圧で動作させることになります。

今回録画操作のオンとオフを誤って、録るつもりのなかったグダグダな演奏だけが記録されておりました。普通はこんな感じでつっかえつっかえ思い出しながら弾いているワケです(笑)

まずは、ノーマルなCH1のフルアップ。(ベースのみゼロ)


Marshall low voltage working test at 60% from rated voltage

続いては、カスケード接続。ちょっとゲイン上げすぎで、トレブルがフェイズがかったような嫌な感じになっちゃいましたが。 


Marsahll low voltage test ; cascade circuit

どうです?通常とほとんどトーンは変わらないでしょう?
ちなみにギターは、EMGの81をリヤに載せたフェルナンデスのRAVELLEですが、嫌なトレブルが消えてマイルドな良い感じになります。

しかし、音がものすごく小さくなっています。昼間に鳴らしてみて小さいと感じるくらいなので、感覚的には1~5W程度ですね。隣の部屋にいる家族から苦情が出ないくらいで、夜でも全然いけます。

エディの言う通り、スライダックをマスターVOL代わりに使うのも良さそうです。アマゾンで1万円もしないので買っちゃおうかな?(少なくともバイアス確認調整は必要です)

http://amzn.asia/aAuZqfb

でもクリーンだとキラキラした感じが弱くなってイマイチなので、歪ませる場合限定の技ですね。

 

注意:これはあくまでも一時的な実験です。電圧を変えると真空管のヒーターやバイアス電圧も変化するので、常態使用は真空管を傷める危険があります。

Kramer baretta Special

カミカゼを購入する際に、クレイマーのバレッタヴィンテージ(以下V)を手放しました。中古で4万で買って、FRTなどメタルパーツをブラックに変更して使っていましたが、2万円で下取り。ちょっと後悔しています。
Vは韓国製ですが、新品で6万ほどで購入できるので実にリーズナブルです。カミカゼの代用品として十分に使えるギターでした。
なお、Vの詳細はこちらをご覧ください。

http://masahall-super-lead.hateblo.jp/entry/2016/11/27/203855

 

手放したもののクレーマーのスラントヘッドが恋しくなりネックだけ探していました。ヤフオクで廉価版のスペシャル(以下S)を発見して送料込み1.3万円で購入。Vとの違いを報告します。

f:id:masahall:20171025145105j:image

Sはインドネシア製です。パーツ的には、ダンカン&FRTのVに対して、Sは無名PUにシンクロトレモロになります。この差が3万くらいかな?
安物PUのセラミックマグネット特有の薄っぺらくてちょっと痛いトレブルが我慢できず、ダンカンに交換しました。これで出音的には文句なしです。

ただ電気回路のハンダ付けが間違っていました。POTへの入出力の配線が逆になっていて、ハイパスコンデンサが付いているにもかかわらず、VOLを絞るとモコモコにこもるという有様。それを直してもハイパス回路が好みに合わないので、PU交換と同時にコンデンサを撤去しました。

シンクロブリッジも特段問題なし。

f:id:masahall:20171025145137j:image

Vとはちょっとシェイプが違うような気がするボディはマホガニーだそうです。Vが重いメイプル材による歯切れの良いヘヴィーな音だったのと比べると、とても軽くいささかシャキッとしない音ではありますが、単にキャラクターの違いと捉えるのが正しいでしょう。

ネックシェイプは、Vとほぼ同じで薄くワイドなプロファイルです。上等なローズウッド指板のVと違って低級材のマホガニーの指板ですが、入門用ギターのように悲しくなる質感ではありません。

f:id:masahall:20171025145214j:image

f:id:masahall:20171025145226j:image

f:id:masahall:20171025145236j:image

f:id:masahall:20171025145305j:image

ネックはメイプルで一見ワンピースのように見えますが、木目が美しくない継ぎ方です。とはいえ接着面積を大きくとってあり強度的には優れた手法なのでしょうね。シャーベルのコンコルドヘッドように、2フレット辺りのスカーフジョイントでは、経年変化で逆反りすることもありますので、これは有りでしょう。

(ちなみにVのメイプルネックは昔のスルーネックのように縦に3枚貼り合わせたメイプルでした。安っぽくて好きになれなかったのですが、あれも捻じれや反りに対しては、有効な手法だったと思います。)

ただフレットの仕上げが今一つで、そこだけは褒められません。トップのクラウンが丸く仕上がっておらず、レベリングをしただけのフラットな状態でした。磨きも甘く、サンディングのヘアラインが残る部分もあったので、自分で整形して磨き直しました。

 

さて、少々手を加えることによってトータルでは、軽くて弾きやすいギターとなり、新品で2万円(処分価格)で売っていたギターとしては、お値段以上の価値を見出すことができました。
感覚的には80~90年代の国産4万円クラスのギター相当と判断します。

バレッタの形のギターが欲しい方、クレイマーのネックだけ欲しい方(笑)、にお勧めです。(でももう新品では売っていないかも。)

f:id:masahall:20171025185908j:image