Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

Ritchie Blackmore sound

先の記事の補完として、私がたどり着いた機材についてまとめておきます。

まずはギターについて。
ベースとなったのは、フェルナンデスのリバイバル期のストラトモデルで、マイクロティルト機構が簡略化された廉価版のLIMITED EDITION。以下の改造を施しています。

*スキャロップ加工
*ミディアムジャンボフレット
*シャーラーM6mini(ダブルリグ)
*ジムダンロップロックピン埋め込み
*銅箔によるキャビティのシールド
シェクターF500(リワインド)
*センター位置にハムキャンセルのダミーコイル
*MTCを模したトーンフィルター
*ボリュームにハイパスフィルター
セレクタスイッチのスプリング撤去
*ゴトーのメタルキャップアーム
ラニオンブルーのストラップ

シェクターはノーマルより巻き数を少なく、直流抵抗値が小さくなるよう巻き直しています。これでノイズが少なくブライトなトーンを得ることができます。

f:id:masahall:20171014172030j:image

 

アイワTP-1011のプリアンプをペダルで再現したBP-414とBOSS GE-10を通します。

f:id:masahall:20171014172044j:image

BP-414でミッドハイ領域がカリっとしたトーンと軽い歪みを付加します。ノブを上げすぎると音が潰れてしまうので程々にセット。低音が出すぎるので、GE-10でカットします。

74年製造のマーシャルは、US仕様でパワー管が6550になっています。

f:id:masahall:20171014222620j:plain

2203マスターボリュームモデルと同じ回路に変更されていて、CH2にインプットするとカスケード接続となり、増幅が1段増えてハイゲインとなります。

f:id:masahall:20171014222656j:plain

Vol2がゲイン、Vol1がマスターVOLになっていて、単体でも相当に歪みます。

f:id:masahall:20171014172055j:image

今回のセッティングはこんな感じです。
ゲインは抑えてマスターはかなり絞っています。ベースはゼロでも、BP-414のおかげで十分に低音が出ます。

アイフォーンの内臓マイクでは生音の迫力をうまく録音できませんでしたが、こんな感じになります。 


Down to Earth sound Ritchie Blackmore

ピッキングフォームが無意識にジョージ先輩になっちゃっていますね。握り直してアルペジオが怪しくなった辺りでカット。(笑) 

ちなみにアンプがJCM800やリイッシューの1959など近年ものだったり、スピーカーがG12T-75だと、ガリガリっと耳障りなトレブルが出てしまいます。私もJCM900やJCM800、リイッシューのAC30などを使っていた時には心地よい音が出せず散々苦労しましたが、古いマーシャルスタックを手に入れてあっさり解決しました。

Ritchie Blackmore

ここでリッチー大先生について書くのは最初で最後でしょう。
私が初めてBURNを聴いた1975年から40年余年、インターネットの普及により本格的に研究を始めた2002年から既に15年が経過しました。

様々な資料を集めて試行錯誤を繰り返し、現状で手に入る機材で納得できる結果が出せたので、研究に区切りを付けることにしました。(そもそも本物のマーシャルメジャーは手に入れていないし、ギターやアンプの改造は謎のままだし、その程度で納得か?というご意見もございましょうが、そこはご容赦ください。)

別のブログに書きましたが、昨年、長年待ち望まれていたハードロック回帰のステージをyoutubeと友人の現地レポートで見て、私のブラックモアに懸ける青春!が終わったと感じました。ロニー、コージーとの再共演は叶いませんでしたが、気の合ったメンバーと楽し気に往年の名曲を演奏する姿を見て、私の大先生に対する執着が消えてゆくのを感じました。まるで一生の願いが叶って大往生するような感じ。(笑)

ということで、もう思い残すことはなし。リッチー大先生に関する資料や機材を処分することにしました。これ以上私が持っていても意味がないことは明白なので、残りの人生を考えると、後継者に託すべしと思ったわけですね。

では、締めとしてDEEP PURPLE MK-3とレインボー中期までに限った研究結果の中で、一般にはあまり知られていないと思う事をまとめておきます。
これからのリッチー・ブラックモア研究を続ける方の参考になれば幸いです。


1.パワー管は6550(KT88)

Marshall Major 1967は現在入手が困難なヴィンテージアンプの一つです。さらに大先生はマーシャルの工場で自分好みに改造してもらっていました。
私の研究による推測では、下記3点の改造と認識しています。
*カスケード接続化
*ローカット回路追加
*マスターVOL追加・・ゲインコントロールなし、VOL1=マスター、VOL2(常に0なのでダミーと推測)

回路のキャパシタレジスタの定数などは分かりませんが、イメージ的には2203の回路にてゲインPOTを廃して、ゲインは一定量で固定したような感じと考えます。

手に入らないアンプを何で代用するか?それが問題なのですが、私の場合、偶然手に入れたUS仕様のパワー管に6550を使ったカスケード改造マーシャルが通常のEL34仕様よりも近く感じました。6550はメジャーに使用されたKT88に特性が近いからと思います。
カップリングにマスタードを使用した76年頃の2203のUS仕様であれば私のものとほぼ等しいですが、レアなモデルなので入手困難でしょう。EL34仕様の一般的なマーシャルなら、パワー管を6550もしくはKT88に換装して、CH1とCH2をカスケード接続化&フェイスインバーター前にMasterVOLを追加、さらにペダルのグラフィックイコライザーなどでBASSを絞ってやると良いと思います。6550管のエングルシグネイチャーも良いでしょうし、US仕様のJCM800の2203を改造してカップリングキャパシタマスタードに交換するという手もあると思います。

2.AIWA TP-1011≒ファズ

一般にはこのレコーダーのプリアンプにて信号を増幅し、マーシャルアンプをブースト(オーバーロード)させているということになっていますが、それを鵜呑みにしてクリーンブースターで増幅して過大入力をインプットしても、信号が飽和してモワモワに潰れた切れの悪い音になるだけです。
アイワのプリアンプは、マイクのインピーダンスに合わせて増幅量を設定しているので、ギターをつなぐと過大入力となり、内部で歪が発生してファズに類似した動作となります。さらに出力がラインレベルのため、アウトレベルを上げるとギターアンプには大きすぎる信号となってしまいます。
よって出力はほどほどに抑えて、プリアンプの中で歪を発生させて歪量をコントロールするのが正解です。イメージ的には、クランチ状態のアンプにOD-1のように歪を付加してトーンを整える感じです。

左のMICボリューム(ゲイン)を上げると、バリバリとミッドハイを強調したトランジスタ独特の歪が発生し、普通のフェンダーピックアップでも「メイド・イン・ヨーロッパ」のような激しく歪んだ音になります。

3.シェクターかダンカンか?

ホワイトローズに搭載したクォーターパウンドのピックアップはどちらなのかという論争がありますが、正解は、74年のホワイトローズにはシェクターF500T改リワインド、77年のホワイトローズのリヤにはダンカンSSL-4を搭載したことがある、です。
フェンダー(ジャパン)から発売されていたシグネチャーモデルにSSL-4が搭載されていた事が混乱を招いた原因ではないでしょうか。

4.ローカット

マーシャルスタックなど低音が出るアンプを使うと、低音が暴れるというか抜けの悪い潰れた音になってしまいがちです。本物のメジャーやアイワを手に入れたとしたら尚更ですね。アンプのBASSをゼロにしてもまだ低音が出過ぎる場合、リッチー大先生のようなクリアーでブライトなトーンを出すためにはローカットが必須です。
アンプにローカットフィルターを入れるのは試行錯誤が必要なので、アンプの直前でグラフィック、またはパラメトリックイコライザーで補正すると良いです。

5.シェクターF500T

一般的にはハイパワーなピックアップとして知られていますが、リッチー大先生はパワーが欲しかったのではなく、ノイズを少なくしたかったのです。つまりフルターンではなく出力の小さいタップで使用していたと思われます。(1980年頃)
歪みはアイワやメジャーアンプで発生させて、ピックアップ自体は根源ノイズを低く抑えるため出力が低くしたということでしょう。

そこを理解せず、シェクターのF500やF500Tのフルターン、ましてやダンカンのSSL-4をそのまま使うと、ノイズか大きくもっさりとした抜けない音になってしまい、リッチーサウンドに近づけません。
(私のRB79モデルは、少な目:直流抵抗値7.5kΩ程度にリワインドしたF500を搭載しています。)


なお、それ以外のことはシンコーから出版された「RBギターズ」に詳しく書いてありますので、ファン、いやディープなマニアな方は、必ず読んでください。

以上。

ありがとう!リッチー大先生。
研究は終わりにしますが、いつまでもファンであり続けますよ。

一番好きなリフ Runnnin' with the Devil

ジョージ先輩と同様な機材を手に入れたばかりですが、ひとしきり弾いたら飽きてしまいました。困った性格です。

今度は逆にシンプルなサウンドを確認したくなりました。となるとやはりこれですね。前回もちょっと弾きましたが、和音もトーンもリズムも素晴らしい、私が世界で一番好きなリフです。もう40年近くも昔の曲なんですが、何度聞いても色褪せず、また何度弾いても良い感じに弾けないという意外な難しさがあります。


Van Halen - "Runnin' With The Devil" (Official Music Video)

 

こちらはギターのみの音源です。


Van Halen Isolated Guitar track "Runnin With The Devil"!!

 

この音、リバーブエコー、本当に大好きなんですが、どんな機材でどう弾いているんだろう?

長年研究を続けて、弾き方はある程度分かってきました。アップ多用のピッキング、空ピック、グリッサンド、ボリューム操作など、技術的に難しくはないのですが、タメやノリなどニュアンスが難しいです。

ギターはイバニーズのデストロイヤー(ギブソンエクスプローラのコピーモデル)で、ピックアップは(セイモア・ダンカン氏?が)巻き直したPAF。レコーディングの時点ではまだ「シャーク」のカットはしておらず、改造ストラトのフランケンより若干太くて素晴らしい音を出しています。ちなみにイントロのキャラ~ンという音は、ブリッジとテールピースの間の弦を引っ掻いて出しています。シンクロブリッジのストラトでは、ナットとペグの間を鳴らすしかないですが、それではあの感じは出せません。

アンプは、パサデナの ローズパレスというライブハウスの備品だったマーシャルスーパーリード。1967年製でプレキシパネル、真空管シルバニアの6CA7。この時点ではまだホゼによる改造は施されてはいなかったと思われます。

そして伝説のジョーク・・・「スライダックで140ボルトに昇圧している」・・・これはあり得ません。逆に電源電圧を下げて、出力を落として独特の歪を発生させていたというのが現在の認識です。

スピーカーキャビネットは、当時カバリングを剥がして上二発がJBLのD-120、下二発がセレッションのG12M-25グリーンバックのマーシャル1960の写真が残っていますが、1stアルバムのレコーディングの時点ではどうだったのか定かではありません。

アタッチメントは、マエストロのエコープレックス(プリアンプ)で軽くブースト、BOSSのGE-1でミッドハイを若干ブーストしてトーン補正していると思われます。

まぁいくら情報を集めても同じ音は出ないので、持っている機材で何とかするしかないですね。

私は、GE-10を通してカスケード改造したマーシャルとG12M-25を鳴らしてみました。

 

1.76年の1959スーパーリード改
これは、英国のロックバンド、ジェスロタルのマーティン・バレ氏が放出した個体で、30年の時を経て日本に流れ着き、リサイクルショップから売りに出されていたのを見つけて手に入れました。
様々なプロ向けの改造が施してありますが、主な改造点は、
*CH1とCH2のカスケード接続
*マスターボリューム増設
の2点です。

両チャンネルのボリュームはそれぞれゲイン1、ゲイン2となっていて、歪やトーンが設定できます。さすがに両方ともフルにすると歪みすぎて音が潰れてしまい、ハウリングも酷いので、バランス良くほどほどに抑えるのがコツですね。今回はちょっとゲインを上げすぎたので音が潰れてしまいました。

マスターVOLは、歪を稼げるポストフェイズインバーターではなく、旧式のEQ後、フェイズインバータ前です。(こっちの方が好み)
プレゼンスをリヤパネルに移動して、その空いた場所に付加しました。

 


2.74年の1959スーパーリード改
これは、US仕様でパワー管が6550になっているのが特徴です。
入手した時点で、76年と同じく
*CH1とCH2のカスケード接続
*マスターボリューム増設
という改造がされていました。

こちらは2203と同じ回路になっているようで、ゲインが1つで使い易く、VOL2がマスターVOLになっています。6550管のキャラクターのためか、ミッド寄りのEL34よりトレブルもベースもやや強く、歪がはっきりしたエッジの効いたトーンです。

 

3.MG-10KK

これは入門用の一番安いマーシャルで、スレイヤーのケリー・キング仕様で外装のみ変更されています。真空管の動作をシミュレートしたFDDという回路によってピッキングダイナミクスが反映されて、トランジスタながら真空管っぽさを醸し出しています。
アンプ直結で十分良い音がしますが、GE-10でちょっとブーストするとさらに良い感じになります。
スタックの大音量ではレベルが上手く合わせられず、アイフォーンの内臓マイクでは良い音で録音するのは難しいのですが、小音量できれいに録音できるので、宅録には重宝すると思います。
私はリビングでは、いつもこれですね。 

 

ちなみにすべて録音アプリにて「コンサートホール」のリバーブを付加しています。意外とMG-10が侮れない良い音ですよね。

そして74年と76年を同時に鳴らすと、実に良い感じになるのですが、モノラル録音のアイフォンでは、うまく再現できないのが残念です。

 

3つを聴き比べてみて、どれが一番似ているでしょうか?(76年が近いかも)

そして、どれがお好みだったでしょうか?

 

ちなみに使用したギターは、ギブソンのTバッカーを搭載したバーニーのレスポールでした。

f:id:masahall:20171014010343j:image

Charvel Pro-mod So-cal

80年代にロック=ギターに熱中した人にとって、CHARVELは憧れのブランドの一つでした。

78年頃:エドワード・ヴァンヘイレンの白黒フランケンとバンブルビー、80年頃:ゲイリー・ムーアの2Hストラトで台頭し始め、82年頃からジョージ・リンチを始めとするLAメタルのギタリストの使用によって一気にギブソンフェンダーを凌ぐ人気を得ました。87年頃になって日本製が安く出回りましたが、Made In USAの本物は玉数も少なく幻のギターでした。私も中古で日本製シャーベルを手に入れましたが、フェルナンデスと大差なく、あえて持っている意義は感じません。

 

そこで目を付けていたのが、近年神田商会から10万円程度で発売されていたPRO-MODシリーズです。最近、モデルチェンジで15万ほどに値上がりましたが、フェンダー同様メキシコのエンセナダ工場で生産することによってコストを抑えた製品です。

http://www.charvel.jp/promod/

 

前から欲しいなと思っていたのですが、立ち寄ったハードオフにあったので、じっくり見てきました。結論を先に言うと、日本製やフェルナンデスと大差ないギターと感じました。

 f:id:masahall:20171002212426j:image

 

韓国製の廉価版フロイドローズ2000搭載で、ピックアップはセイモアダンカンが2基、ノーロードのトーンPOT、コイルスプリット回路、カーボン補強でコンパウンドらジアスのネックなど、かなり意欲的なスペックなのですが、ネックの造りは雑で、端々に安っぽさが見えてしまう残念なギターでした。むしろ90年代の日本製のシャーベルの方が良いかもしれません。

新品で8万円(実売価格6万程度)なら有りなんでしょうが、神田商会が絡んだおかげで定価13万円(実売10万)・・・無いな。さらに現在はスペックアップして定価18万(実売15万)ですから、要らないですね。個人的には汚い中古が6万はあり得ないです。4万なら買っても良いと思う程度のギターですね。

 

なら、USA製カスタムショップはどうか?・・・40~50万・・・これも無いです。(笑)

 

じっくりと80年代の当時物が出るのを待つかな・・・

80s George Lynch's rig

BOSSのGE-7、ロックトロンのHUSHも手に入れて、当時のジョージ先輩の主要機材が揃いました。

・・が、適切なケーブルが足りず鳴らすことができない状態だったので、寸法を測ったり熟慮の末、パッチケーブル6本をオーダー。

f:id:masahall:20170930223916j:image

ベルデンの8412とクラシックプロの金メッキチップのプラグを使用、方向性にもこだわって製作された無印良品を入手しました。 ケーブルの皮剥きやハンダ処理も丁寧で、400円/本程度とコスパも高いです。早速、セットアップ!

f:id:masahall:20170930223956j:plain

予想通り長さはピッタリです。接続は下記の通り。

ギター(SH-12スクリーミングデーモン)↓

PMG BUF E945(ブーストオフ)↓

BOSS GE-7↓

maxon OD808(Ibanez TS808)↓

lexicon pcm41(25ms chorus)↓

Rocktron HUSH 2CX↓

├DRY→Marshall 1959 '76(EL34)→'74G12M-25

└WET→Marshall 1959 '74(6550US)→'76G12M-25

 

今日は日差しが弱く涼しかったので、窓を閉め切って久々にマーシャル2台をステレオで鳴らしました。

 


Rocktron hush 2cx-1

まずはノーマルなCH1でマスターVOLを絞った状態です。

GE-7とOD808のブーストで発生した「ザー」というノイズとpcm41の「シュワーンシュワーン」というモジュレーションノイズが、HUSHをオンにすると一気に小さくなります。ノイズリダクションとノイズゲートの2つの連携動作のため、ギターをミュートするとほぼ無音になりますね。

ジョージ・リンチセットなのになぜか、バークアットザムーンを弾きたくなりました。(笑)

ジェイクのセッティングは歪ペダルがOD-1なので結構な違いがありますが、pcm41のモジュレーションで軽いステレオコーラスを入れるとほとんど同じような気がします。

 

ここからじっくりとセッティングを詰めて行けば、理想の音になるかな。しかしここまで来るのに30年かかりました。ヤフオク&メルカリ万歳ですよ。

 

続いては、ペダルオフでカスケード接続のマーシャルオンリーな音です。


Rocktron hush 2cx-2

(右スタック)76年製。EL34管で右上インプットでCH1とCH2それぞれゲインを生かしたままカスケード接続となり、プレゼンス位置にマスターVOLを追加しました。キャビネットは74年のG12M-25クリームバック入りです。

(左スタック)74年製・・6550管で、同じく右上でカスケード。ただし2203と同じ回路でVOL1がゲイン、VOL2はマスターVOLに変更しています。キャビネットは78年のブラックバック。

 

個体差もあると思いますが、パワー管のトーンの違いが分かるでしょうか? ちょっと歪ませすぎて音が潰れちゃってますけど。(笑)

 


Rocktron hush2 cx-3

最後にPMGのブースターのみオン、マーシャルはノーマルCH1にインプットして2台同時に鳴らした音です。これもなかなか良いです。 ただマーシャルから発生するノイズが結構大きいので、最終的にはプリアンプの後にセンドリターンを付けて、そこにHUSHをつなぎたいですね。

 

今日は久々にマーシャルサウンド炸裂させて、日頃のストレスを解消できました。