Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

腕時計を買いました

今時は携帯やスマホで時間が正確に分かるので、腕時計を重宝する人も少なくなりましたが、私は腕時計が大好きです。それもレトロな機械式にこだわっています。(電池が消耗してくると急に狂ってしまうクオーツ時計は信用しない)

といっても、ロレックスなどの高価なものは無理。実用十分なオメガ・スピードマスターを使っています。

最初は廉価版のオートマチックを新品で購入し、10年くらい使いました。

でも水没して故障してしまい、修理に結構な金額がかかるとのことだったので、しばらくスウォッチなどでしのいでいたのですが、手巻きのプロフェッショナルの中古の出物を購入しました。

 

ずっと同じ時計だと飽きることもありますし、オーバーホール中の代替機が必要なので、スウォッチなどのクオーツ時計をいくつか持っていましたが、20年も経つと劣化して、正常に動かなくなってしまいました。

 

という訳で、最近真剣にサブ時計を探していたのですが、リーズナブルな値段でデザイン的に興味深いものを発見し購入しました。

 

ロシアの手巻き機械式時計、BOCTOK(VOSTOK ヴォストーク)です。

 

f:id:masahall:20170621185319j:image

(腕の毛が汚らしくてスミマセン)

これはコマンダスキー(司令官)という軍用時計の復刻版のダイバーモデルです。オリジナルは品質管理が行き届いた精度の高い軍事警察用の官製支給品でしたが、ソビエト崩壊後は、ファッションウオッチとしてロシア土産的な存在になりました。

戦車に赤星というあか抜けないデザインが素敵。(笑)

ブロンズというかダークゴールドのケースに、宇宙飛行士ガガーリンのバッジのついたバンドのレアなモデルのデッドストック品とのことです。未使用品だけあって、かなりきれいでした。ケースのエッジもシャープな造形で、値段的に大差ない中国製のトイウオッチとは別物です。ギターに例えるなら、先のブログに書いたバッカステレキャスターみたいなものですね。

 

f:id:masahall:20170621185352j:image

せっかくのガガーリンベルトですが、かなりチャチで、すぐ擦り切れそうな予感がするので、NATOベルトか何かに交換しようかな。ダイバータイプなので黒のラバーも渋いかな。

 

とりあえずどのくらいの精度なのか楽しみ。私は毎朝、ゼンマイを巻いて時間合わせをするのが習慣となっているので、日差60秒くらいまでなら許容範囲ですけどね。

 

ちなみにボストークコマンダスキーは、製造期間が長く、ケース、ベゼル、文字盤、ベルトなどデザインのバリエーションが多いので、様々なモデルが存在します。コレクションに走るかも。(笑)