Masahall Full Stack

マーシャルアンプとリッチー・ブラックモアとジョージ・リンチが大好きなマサハルのブログです。時々こっそりと過去記事を改訂しています。(笑)

Pickup

リッチー大先生的ギター調整~ピックアップのポールピース

ご存じの通り、リッチー大先生は市販のギターをそのままで使うことがありません。 最古のテレビ映像を見ると、ギブソンES-335TDCのハムバッキングピックアップ(以下PU)のポールピース(以下PP)が、カバー上面より飛び出すように通常よりかなり高く調整さ…

Tokai ES156 PAF VINTAGE MK2 の音

このギターにはPAF VINTAGE MK2というピックアップが搭載されています。ネットの評価を見ると賛否両論ですが、百聞は一聴にしかず。稚拙な演奏ですがお聴きください。 Tokai ES156 PAF VINTGE Mk2 part1 Tokai ES156 PAF VINTGE Mk2 part2 74年のマーシャルU…

80s George Lynch's rig

BOSSのGE-7、ロックトロンのHUSHも手に入れて、当時のジョージ先輩の主要機材が揃いました。 ・・が、適切なケーブルが足りず鳴らすことができない状態だったので、寸法を測ったり熟慮の末、パッチケーブル6本をオーダー。 ベルデンの8412とクラシックプロの…

Gibson T-backer

ギブソンのTバッカー良いですね。ヴィンテージPAFとはニュアンス違って、もうちょっとクリアーでトレブリーな気がします。(本物PAFは知らないのでw) フロントは70年代後半のPAT刻印入り。 リヤは70年代初期(60年代後半?)のPATステッカー付き。 でもコ…

Seymour Duncan SH-12 Screamin' Demon とポールピース高さの調整:※音源訂正

※なぜかTB-4の音源を2つ載せていたので直しました。こちらがSH-12です。 スクリーミン・デーモンをタイガーフランケンに付けてみました。ロゴ消しはいつもの定番作業です。 JBとの比較では、より中低音域が抑えられて、歯切れの良いミッドハイにピークがあり…

Seymour Duncan SH-12 Screamin' Demom

TB-12(トレムバカッカー)とどっちにしようか悩んでいましたが、ジョージ先輩はTBじゃないので、SH-12に決定。中古品は出物が無く、価格差があまりないので新品を注文しました。 サウンドハウスで1.15万円。SH-1~SH-6辺りの定番商品が8200円なので、ちょっ…

ダンカン三兄弟

しばらく車のことばっかりでしたが、週末に雪の降る中、ギターをいじりマーシャルを鳴らしました。 今回は、ダンカンピックアップの比較です。機材はいつもの「ジョージセット」(OD-808+GE-10+1959+グリーンバックキャビ)。 1.重いメイプルボディ+TB…

Titan pic and Duncan pickup and Graphic EQ and Old Marshall

今日はセンター試験です。こちらの地方では大雪にならず助かりました。 うちの子を含めて受験生の皆様の実力発揮を祈っています。 さて、昨晩、防風雪のなか、寒さに耐えてマーシャルを鳴らしました。(もちろん受験生の邪魔をしないようアッテネーターで音…

SH-6+Alnico magnet

さて、普通のSH-6の感じが分かったので、改造しました。 家に転がっていた適当なピックアップをばらして抜き出したアルニコです。磁力があまり強くないので、恐らくアルニコ2と思われるのですが、見た目に厚さが違いますね。(左の黒いのがSH-6のフェライト…

Seymour Duncan SHPG-1 or SH-6

試してみました。 最初がSHPG-1(Pearly gates)を載せたカミカゼもどき、後がSH-6(Distortion)を載せたサンバーストタイガーです。 使用機材は、 MAXON OD808(Ibanez TS-808) BOSS GE-10 Marshall 1959('76) CH1 マスターVOLのみ1、それ以外10 Mrashall 1960…

ダンカン ディストーション SH-6b

ロゴが入る前の80〜90年代のものが届きました。 早速付けてみます。 付けました!