Masahall Full Stack

マーシャルアンプとリッチー・ブラックモアとジョージ・リンチが大好きなマサハルのブログです。時々こっそりと過去記事を改訂しています。(笑)

LAメタルの真実~ライトハンド奏法の真実

さてセンター試験の頃って必ず雪が降る当地ですが、今年はかなりひどいですね。うちの近所でも50cmは積もりました。除雪で疲れたせいもありますが、あまりに寒いのでギターを弾く気も、アンプをいじる気も起きません。

なので暖房の効いた部屋でゴロゴロと読書です。

masahall-super-lead.hateblo.jp

以前にこちらで3巻を読んだ感想を書きましたが、さらに3冊入手しました。

f:id:masahall:20180113172332j:image

本人だけでなく関係者、傍観者が語る真実?は面白い面白い。(勝手に判定、人間として良い人〇、嫌な人×、微妙な人△)

金にうるさく利己的だが実は正直なドンドッケン。〇
表ヅラは良いが自分を正当化したり見栄を張るためにウソをつく被害妄想気味なジョージリンチ。△
ドッケン内部の真実を語るもドンとジョージに気を遣い本音を隠すジェフピルソン。〇
いつも考えなしに金になる仕事になびいたためドンにもジョージにも見放されインタビューさえされないミックブラウン。△

控えめだが自信家で意外と毒舌なジェイクEリー。△
正直だがマイウェイなスティーヴンパーシー。〇
実はかなり嫌味な性格のウォーレンデマルティーニ。×
ドッケンとラットについての真実の証言者、フォアンクルーシェ。〇
音楽的な貢献はほとんど無くたまたまRATTに参加しただけなのに今やバンドの主導者気取りで嘘八百銭ゲバなボビーブロッツァー。×

タイミング良く人気が出たグループにいたたけでプレイヤーとしては評価していなかったが、実に良い人なルディサーゾ。〇


それはともかく、エディで有名になったライトハンドタッピング奏法について新事実が分かりました。(私が知らなかっただけ・・でしょうね)

以前にリッチー大先生のインタビューにて「68年にウイスキーアゴーゴーでハービーマンデルがやっているのを見た」という話を読みましたが、ジョージ先輩も「エディと一緒にスターウッドクラブでキャンドヒートのハービーマンデルってやつがタッピングをやっているのを見た」と言っています。(3巻より)
残念ながら当時の映像は発見できませんでしたが、こんな感じだったのでしょうか?(1:41~)


Harvey Mandel finger tapping guitar solo in the Tap Room at Fitgers Brewery Complex Aug.16th,1999

ジョージ曰く起源としては「50年代にジャズギタリスト、ジョージ・ヴァン・エプスがやっていた」ということです。)

 

さらに6巻ではビリー・シーアンが、「73年にビリーギボンズがやっているのを見た」、「71年のジェネシスのザ・リターン・オブ・ザ・ジャイアント・ホグウィードを聴いてエディはイラプションを思い付いたと思う」と言っています。

恐らくはこれが一番古いライトハンドトリル奏法の映像でしょうね。(指ではなくピックによるタッピングですが)


Genesis The Return of the Giant Hogweed Live

 


Genesis - The Musical Box , Belgian TV - Six Hours Live(4:07~)

 

古くはヴァイオリンのパガニーニ、ジプシーもしくはスパニッシュギターに始まったライトハンド奏法について、詳しくはウィキペディアにまとめられていますので、興味ある方は読んでみてください。

https://en.wikipedia.org/wiki/Tapping#History