Masahall Full Stack

マーシャルアンプとドッケンが大好きなマサハルのブログです。車も好きだよ。

George Lynch

BOSS GE-7 and ....more ※おまけ追加

ストラト、レスポールというエレクトリックギターの原点を再確認して、やはり私にはジョージ先輩しかない!と認識したのでフォローに戻ります。(レスポールも実は、最近リンチモブやスウィートリンチで「ジョージ・リンチ・ポール」が活躍している影響だっ…

PMG BUF E945

これは実に便利なペダルです。 バッファー(プリアンプ、ブースター)、センド/リターン、A/B切替の3つの機能があります。 回路図で言うと「BUF IV」ですね。(ジョージ先輩はセンド/リターンの無い「III」でした) これで80年代末、ドッケン時代のジョージ…

Scatterbrain と直筆サイン

50を過ぎると体のあちこちが痛くなります。腱鞘炎で左手の指が痛くなったり、神経痛で肩や腕が痛んだり、膝が痛んだり・・・先日までは右肩が痛かったのですが、お盆休み前から痛みが肘に移行しました。 心当たりはあるんです。ゲイリー・ムーア奏法の練習で…

George Lynch's sub axe 2. Kramer Baretta ※追記あり

2016.11.26 今回は、ジョージが一時入れ込んでいたクレイマーの話です。 エディやミック・マーズの影響なのでしょうが、ジョージは1985年になった頃からクレイマーを使い始めました。その理由として「シャーベルはオーダーメイドなので、良い時は抜群なんだ…

マニアにしか分からない改造

フェルナンデスのコピーモデルを入手した当時は、本物とは違うゴトーのペグにFRTロックナットでした。以前からより本物に近づくモディファイを考えていましたが、ようやくパーツが揃ったので実行しました。 ペグはシャーラーのM6mini クロームの左用の6連な…

KAMIKAZE 復活

今日は会社が休みだったので、早朝から復活したカミカゼをいじってました。 面倒臭いFRTのオクターブ調整をして、写真を撮って、弾いて、動画を撮って…ブログに戯言を書いて(笑) とても充実した時間を過ごして仕事のストレスもスッキリ。 ボディとの色違い…

George Lynch The Lost Anthology

今さらながら手に入れました。2005年発売のジョージ先輩40年の歴史の裏側を収録した2枚組CDです。 ディスク1は初レコーディング、ザ・ボーイズ、エキサイター、ドッケンまで、ディスク2はリンチモブ、ストーンハウス、トリビュート関連を収録しています。…

ジョージ先輩の最新インタビュー

allthatshreds.com ファン必読のインタビューです。日本の雑誌だと、機材やバンドなど断片的な話が多いですが、まるでジョージ先輩と対話をしているかのような錯覚を覚えるような素晴らしい内容です。オンライン辞書などを活用して読んでみてください。 主な…

From Young Guitar Jan 1988

バック・フォー・ジ・アタック発表当時のジョージ先輩のライブセッティングです。GE-7でレベルブーストしてTS-808をドライブ、pcm41はモジュレーションをかけたコーラス的なセッティングですね。 これを参考に試してみましたが、すでに夜なので、マスターVOL…

KXM

1989年のドッケン解散以降、あえてドッケンから遠ざかるかのように、常に進化を求めて変わっていったジョージ先輩。 しかし、変化を認めないドッケン時代のファン(私を含めて)からは評価されず悩んでいたかもしれない。途中でT&Nなどオリジナルドッケンの…

今日のGLサウンド

今日は、GE-10のセッティングが良い感じに決まりました。マイクレベルもうまく設定できて、スピーカー近接でリアルな音で録音できました。 ■使用機材 カミカゼ(SH-12 Screamin'Demon) Maxon OD-808 BOSS GE-10 Marshall Super Lead '76(117V CH1) THD Ho…

Sleepless Nights Part2

カミカゼをマーシャルで鳴らしてみました。 大きな音は良いですね。ペチペチした弦の生音が聞こえると悲しいです。 あぁ、今夜も眠れない。 ESP GL Model Kamikaze 1992 使用機材 ESP GL Moderl(1992)-Seymoue Duncan TB-12 Screamin' Demon Maxon OD-808 BO…

私のKAMIKAZE物語 その3

帰宅して、詳細チェックです。 まずESPのブリッジ(FRTライセンス製造のシンクレア)は、黒塗装の劣化(サビ)が目立ち、動作もスムーズではないので、バレッタから外しておいたフロイドローズオリジナルに交換しました。 リヤピックアップのスポンジが厚みが…

私のKAMIKAZE物語 その2

まさかの競り負けに失意の日々を過ごした1週間でしたが、金曜日の夜、日課の(ジョージリンチ カミカゼ KAMIKAZE)の検索をしたところ、2件ヒットしました。 一つ目はLTDで、見た目だけカミカゼなのでパス。しかしもう1件にピン!ときました。 写真と説明を…

私のKAMIKAZE物語(笑) その1

ESP KAMIKAZE・・・1986年の衝撃的な登場以来、憧れてはいたものの当時25万円という値段は(私にとって)あまりにも高額だったため、あきらめというか、避けていたギターです。(笑) 少々長い話になりますので、分割していきます。 まだ学生だった1987年頃、…

ERANAN Purple Tiger model

page4.auctions.yahoo.co.jp 情報をいただきました。(誤ってコメントを消してしまい申し訳ありませんでした) 懐かしいエラナンのギター。当時のヤングギターの広告でよく目にしていましたが、Kid's工房で製作していたんですね。全然知りませんでした。 さ…

これは手に入れねば :Kramer George Lynch Model

今日は、お休みです。受験の息子を空港まで送り出してきました。 うーん、良い天気。午後は次男の授業参観です。 それはさておき、ヤフオクで見つけました! 幻のクレイマー・ジョージ・リンチ・モデルです。 実態は、Made in JapanのESP製。 要は、ロゴとペ…

ZO-3 GL

新年の妄想です。 パープルタイガーなら、サンバーストのZO-3に落書きしてブラックパーツに交換するだけですが、FSTでやっちゃったしな・・・ スカル&ボーンズのリアルレプリカは所有したいとは思わないんですが、こういう洒落なら良いかな。でもこれを作る…

謎のタイガーと、Heaven Sentの謎リミックスと、私のタイガー

今年も残すところあと1日。 ネタはあるんですが、落ち着いてまとめる暇がないので、単発ネタで行きます。 さてこの写真、一見パープルタイガーに見えますが・・・ ネックはヘッドが黒のリバースバナナで、よく見るとボディはストラトシェイプです。 1987年10…

Mr.J Parmer ジェイ・パーマー氏

カミカゼのネタを準備中なのですが、ちょっと一休み。 相変わらずドッケンがブームなもので、いろいろ調査中ですが、今この人が気になっています。 まずはこれをご覧ください。 Dokken, Its Not Love, Guitar Solo Lesson, George Lynch - Lynch Lycks S3 Ly…

George Lynch's main axe 2. Skull & Bones PART2

記憶が蘇ってきたので調べを進めてみました。 ジョン・フロッグ・ガルシア氏(以下、Jフロッグ)はギタービルダーではなく、映画の特殊メイクが本業で、彼がボディを彫刻して作った骸骨ギターをジョージが気に入りました。ESP製のクレイマーJKのネックを使っ…

George Lynch's main axe 2. Skull & Bones PART1

タイガーに続いては、デザインが気に入って未だに愛用しているJ.FROG(ESP)のスカル&ボーンズです。 ボディは、ジョージの友人(隣人)のジョン・ガルシアという男が4か月かけて製作したそうですが、ガルシア氏は自分の歯を1本抜いて、ボディに埋め込んだとい…

ジョージ先輩の使用ギターが確認できる写真やビデオ その1

1982/01/04:BEAT CLUB(TV) 1983/10:Breaking The Chains(MV) 1984/09/14:Tooth And Nail(LP) 1984/10:Into The Fire(MV) 日付はシングルまたはLPレコードの発売日、TVオンエアー日として整理してみました。(以前の記事と重なる部分もありますが、ご勘弁…

ジョージ先輩、ESPギターを語る

ギターのボディ材や重さ、フェルナンデスRSTに関する自己満足的な大作記事を書いていたのですが、ちょっとデスクから離れた隙に、猫がノートPCの上に乗って(程よく暖かいからね)キーをデタラメに押されて、ファイルが消失してしまいました。 書き直す気力…

ジョージ先輩はすごい

他の人が弾いたら、クソつまらないフレーズにしかならないような、音が少ないペンタトニックでも、ジョージが弾くと絶妙なタイム感でカッコ良くなっちゃうから不思議。 これは、リッチー先生の世界に近いな。 ジャスト・ガット・ラッキーのソロというか間奏…

George Lynch's sub axe 1. Submrine PART2

先日、ヤフオクでサブマリンのコピーモデルを手に入れました。 数年前にこれのベースになったフェルナンデスを3万円ほどで発見し、買う寸前まで行ったのですが、パーツをクロームに変更したり塗装に手間がかかることを考慮して、思いとどまりました。 しばら…

George Lynch's sub axe 1. Submrine PART1(2016.11.21改訂追記)

タイガーの次は、私が30年越しでコピーモデルを手に入れたサブマリンの話をやっつけておきましょうか。 サブマリンは、シャーベルのエンドースメントによる最後のギターとして1984-85年頃に製作されたギターで、1985-86年のトゥース・アンド・ネイル・ツアー…

George Lynch's main axe 1. Tiger PART3(2016.11.21追記)

ESPとエンドースするようになって、フェンダーヘッドのメイプルネックを新調し、同時にトレモロをシンクロに戻します。製作からまだ10年も経たないのに、もうクラックがバリバリのボロボロな塗装になってしまっていますね。ツアーやステージでの激しい環境変…

Just Got Lucky

今ブームになっているドッケンのジャスト・ガット・ラッキーですが、ジョージがトランジスタのランドールで録音したことを踏まえて、トランジスタのVOXブライアンメイアンプで再現してみました。 メインリフ、クリーンなコード、リードと3パート録音してミキ…

George Lynch Sound~Just Got Lucky(2016.11.19改訂)

今日は、ちょっと凝ってみました。 ピックアップはダンカンのパーリーゲイツ、マクソンのOD-808、BOSS GE-10でミッドブースト、76年のマーシャルスーパーリードに74年のクリームバックキャビネットです。 先日のOD-1(SD-1改)との比較時点では、OD-808のみ…